ローンで救われた私の体験談

事業者向けのローンには2種類ある

ローンで救われた私の体験談
一言に事業者向けのローンといっても、それには2つの種類があります。このどちらも、事業者が会社を経営していくにあたって、それを金銭的にサポートしてくれるものですが、金融機関に申し込む場合には、この2種類のうちどちらであるのかをはっきりと伝えなければなりません。まず1つ目の事業者向けのローンとは、開業資金です。
これは、今から会社の経営をスタートさせようとしている人に対してのローンです。
例えば、店舗を構えるための土地に充てる費用、その建築費、初期の仕入れにかかる費用や、当面の間の運転資金というのが、この開業資金に含まれます。この全てをローンに頼るのではなく、1部は自己資金を用意したうえで、それに不足する部分に対して、ローンを頼ることが一般的とされています。これに対して、もう1つの事業者向けのローンとは、運転資金です。
これは、すでに会社の経営をスタートさせている人に対してのローンです。
例えば、すでに仕上がっている商品の宣伝にかかる費用、さらに商品を作り上げるための仕入れにかかる費用、雇用している従業員の給料などが、この運転資金に含まれるものです。

これは、単に経営が右下がりになっているからという理由だけではなく、設備投資をするという前向きな理由や、実際に経営が落ち込んだ原因を理由にあげて申し込む必要があります。このように、事業者向けのローンには2つの種類があり、どちらも事業者を救ってくれるものだと思います。

新着おすすめ