ローンで救われた私の体験談

事業者向けのローンの審査に通るポイント

ローンで救われた私の体験談
例えば、人からどうしてもお金を貸してほしいと言われた場合、その人がきちんとお金を返してくれそうな人でない限り、それを手渡す気にはなれないと思います。これは、人同士のやり取りだけではなく、自分と金融機関とのやり取りでも同じことがいえます。自分がお金を借りたいと金融機関に申し出た場合、相手の金融機関が自分を信用してくれないことには、そのお金を貸してくれることはありません。この信用を得るには、きちんとした証明を提示することがポイントです。
私は以前、事業者向けのローンの申込みをするにあたって、このポイントをつかんで行いました。相手の金融機関は、本当に申込者に対してお金を貸していいものかを見定めるために、その審査を行います。審査で見られるポイントには3つあり、1つ目は返済能力、2つ目は資金使途、3つ目は担保力です。
1つ目の返済能力とは、お金を貸した場合に、どこから返済に充てられるのかという点が見られます。そのため、提出した事業計画書の中でも、どんな事業活動を行って利益を得るのか、それが黒字で収まるかということを見られます。2つ目の資金使途とは、貸したお金がどのように使われるのかという点です。

これには納品書や領収書により、正確な数字の提示が必要です。
3つ目の担保力とは、もし返済が不能になった場合のための保険です。
この3つのポイントが、金融機関にとっての審査対象となるため、これらの信用性を高めることによって、事業者向けのローンの審査に通りやすくなります。

新着おすすめ