ローンで救われた私の体験談

事業者向けのローンをコツコツ返済する喜び

ローンで救われた私の体験談
私が事業者向けのローンを組んで、今経営しているカフェを開業したのは、ちょうど1年前のことでした。私は昔から、自分のカフェを開きたいという夢を持っていて、それを実現するために独学で学ぶことを続けていました。このカフェの1番の魅力は、世界各国のコーヒーを味わえることで、それを学ぶために何度も海外に留学し、その知識と技術を身につけていきました。そして自分の腕に自信を持つことのできた昨年末、私は事業者向けのローンの申込みをして、このカフェを開業したのです。
私は今24歳なのですが、同年代のお客様はもちろんのこと、中高年の方にでも喜んでいただけるコーヒーの提供を心がけています。そんな私の経営しているカフェは、有難いことにその経営の波に乗ることができていて、マイナスからのスタートではありましたが、今ではプラスの数字を作ることができています。それと同時に、始めの資金となった事業者向けのローンの返済も順調で、通帳の残りの数字が減っていくたびに、自分の開業したカフェが成功したんだなと実感することができ、とても嬉しいです。

ローンとは、金融会社に対して借金をするということで、最初はこの借金という言葉に罪悪感を持ってしまいましたが、このように返済をしていくことで、自分が事業者としてその任務を果たすことができているんだと、自信を持つことができました。これからも自分のカフェの経営で、たくさんのお客様に喜んでいただきたいです。

新着おすすめ